ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

ログイン

サイト内検索

翻訳

お問い合わせ

サイト内の現在位置です:

TOP  >  Wiki  >  ミニリン

ミニリン anchor.png

Tag:
Table of contents

俺は猫が大好きである。でも、飼えない。

「犬派と猫派、どっち?」と聞かれたら、俺は即座に猫派である。まあ、犬もかわいくないことはないんだけど、どうも犬のあの媚びたところが気に食わない。それにくらべて、猫は気高い。自分の主人は自分しかいない、と悟りきっている猫の態度は、潔いものを感じる。俺も、そうでありたいと、いつも願っているのだから。

しかし、こんなに猫好きな俺が、猫を飼ったことは一度しかない。いや、別に猫アレルギーとか、そういうことではない。理由は「もし、俺が猫だったら人間なんかに飼われたくない」と思うからだ。そりゃ、飼い猫ってのは楽である。飯の心配はないし、糞の世話まで人間がしてくれる。しかし、その引き換えの代償はあまりに大きい。自分の自由が失われる、ということだからだ。もちろん、自由には、いい面と悪い面がある。何するのも自由、という面は確かに誰もが憧れるが、同時に、食えなくて飢え死にしてしまうかもしれない、という自由を併せ持っている。自由を選択するということは、同時にあらゆる責任を他人任せにしない、ってことだ。俺は飢える可能性があろうが、自由を選ぶ。もうそれは、俺の生き方、そのものであるのだから。

その唯一の例外といえる猫を飼った経験というのは、同棲していた女が猫好きだったからだ。彼女は3匹の猫を飼っていた。その中で、どうも俺のことを主人というか、一番の友達と思っていた猫がいた。名前をミニリンという。黒い小柄な猫なのだけど、頭がバツグンにいい。別に教えもしないのに芸のようなことをするし、俺が寝ていたら、すぐに上に乗ってくる。それに、家に帰ったときが大変だ。マンションのドアを開けるときには、いつもあらかじめダンボールでブロックしておかなくてはいけない。ドアを開けると必ず、ドン、という音がする。ミニリンだ。ミニリンにとって部屋で飼われているのは、我慢ができないことだったのであろう。部屋の外を思い切り走ってみたい。ミニリンも、やはり俺と同じく、自由を求める猫だったのだろう。

なんで俺が同棲していた女と別れたかというと、まあ、理由はいくつかあるのだが、彼女が「ミニリンを去勢する」と言い出したからだ。去勢された猫なんてのは、猫ではない。それに、人間の都合だけで、その子孫を作る能力を奪うというのは、絶望的にエゴである。俺は、せめて俺と一緒に住んでいるときは、ミニリンにそんなひどい仕打ちをしないで欲しい、と頼んだ。

もうそれから15年が経っている。多分、今頃は、ミニリンは天国にいるのだろう。今、俺の手元に、一匹の猫のマスコット人形がある。同棲していた女と別れたときに、くすねておいたものだ。俺はこれを、彼女の思い出、というより、ミニリンの思い出として持っている。

もし、俺の嫁になりたい、って女がいたら、そのへんはよく考えておくように。



Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 11818, today: 7, yesterday: 8
Last-modified: 2009-12-02 (Wed) 16:21:25 (JST) (3455d) by taked2

ページの終端です。ページの先頭に戻る