ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

ログイン

サイト内検索

翻訳

お問い合わせ

サイト内の現在位置です:

TOP  >  Wiki  >  fILOFAX

fILOFAX anchor.png

竹田津恩が愛用している手帳。持っているのはMINI PORTLAND。fIFOFAX製。
こんな稼業をしていて言うのもなんなのだが、俺は基本的にPDAの類ってのは信用していない。いやSONYのPalmtop PTC-300のユーザーだったぐらいで関心はあったんだけどね。でもあれで懲りた。PDAってのは電池がないと使えない。それが致命的。しかも紙ってのはどんなペンでも書ける。PDAは無理だし、液晶のカバーの上をスタイラスでこするってのが嫌い。っていうか俺、発泡スチロールをこすり合わせる音がこの世で一番苦手なのよ。だからどうもあれの感触がいまいち馴染めない。それから手帳は紙と決めている。で、その中でも使っているのがfILOFAXってわけ。
ちょうどライター稼業をはじめた当時、システム手帳ってのが流行った。猫も杓子もシステム手帳を持っていたのね。俺もはじめは2000~3000円ぐらいの安い手帳使ってたんだけど、表面がビニール皮だったんですぐに破けた。やっぱりこういうのは本皮じゃないとだめだと思いfILOFAXにした。っていっても一番よく使われてたバイブルサイズって、いまいち中途半端な大きさなんだよね。しっかりしたモノ書くときはA4サイズの方がいいし、携帯するならポケットに入る方がいい。イギリス人のポケットってのは大きいのかもしれないけど、俺が手帳に求めるのは携帯性なわけで、MINI PORTLANDにした。これって名刺入れやカードホルダー、札入れもついてるのでかなり便利。
システム手帳持った人なら一度は通る道だと思うけど、リフィルにも結構凝った。というかリフィルのシステム的にはTime/Systemがシンプルで個人的には使いやすい。だからリフィルはTime/Systemの携帯版を入れて使ってた。システム手帳で必要なのは、スケジュール、メモ、電話帳なわけでその他のモノは一切なし。ああ、当時はテレカも結構使ってたからオプションでカードホルダーは追加してたかな。
ただし最近では産能大のB6手帳も併用して使ってる。っていうのも田舎だからTime/Systemのリフィルって売ってないのよ。スケジュールとかはB6使ったほうが便利なんで、fILOFAXの方は常時携帯しときたい情報をまとめるために使っている。



Front page   Unfreeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 4038, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: 2008-09-13 (Sat) 19:35:29 (JST) (4761d) by taked2

ページの終端です。ページの先頭に戻る