ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

ログイン

サイト内検索

翻訳

お問い合わせ

サイト内の現在位置です:

TOP  >  Wiki  >  アラベスク

アラベスク anchor.png

Tag: 漫画

漫画。バレエ漫画の古典にして金字塔。竹田津恩の少女漫画ベスト1。
時は70年代、場所はソ連。キエフのバレエ学校に通うノンナ・ペトロワは「バレリーナにしては背が高すぎる」(といっても170cm前後)という悩みを持ち、出来のいい姉貴がいて(しかも母親は露骨に姉貴贔屓)、しかもうじうじした性格というコンプレックスの塊、というか少女漫画王道パターンの主人公。しかしある日転機が訪れる。地方のバレエ学校巡りをしていた「ソ連バレエ界の金の星」ユーリ・ミロノフ大先生(といっても22~23才の若造なんだけどさ)に見出され、レニングラードのバレエ学校の転入を許される。そして自己紹介で黒鳥のオデール32回転グラン・フェッテ・アントールナンを大失敗と軽くシャレをかました後、なんと18才の学生の身でレニングラード劇場の新作バレエ「アラベスク」の主人公の座を射止める。その後、天才バレリーナ達との連荘や亡命騒動といったイベントをこなしつつ、最後にラ・シルフィードで芸術の真髄を掴む。そしてどうやらミロノフ先生とハッピーエンド、というオチ。
これのどこが面白いかというと、これを読んでおくと「昴」がどこをパクったか(いや、オマージュったか)が分かるところ。イワン・ゴーリキーがユーリ・ミロノフのパロディとかっていう表面的な話はおいといて(ああ、それとユーリ・ミハイロフってのはどう考えてもユーリ・ミロノフが元ネタだろうな)、基本的なテーマ「天才とはなにか」「芸術とはなにか」というとこと、その答えが驚くほど似ているところ。ミロノフがノンナを「見えない天才」と評したが、まあ個人的にはどうかと思う。というかノンナも昴も「踊りたいから踊ってる」わけじゃないのね。別に天才っていうのは単に才能って属性の話なんで、まあどーでもいい話ではあるのだけれど。
なんでこの漫画を知ってるかというと、姉貴が買ってた「りぼん」の中で唯一読める少女漫画だったってこと。いや、一条ゆかりや弓月光も読めたんだけど、姉貴の愛読書が「花とゆめ」に変わったんでこれしか読めなくなった。まあ一読をお勧め。



Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 5609, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2009-08-13 (Thu) 03:59:00 (JST) (4428d) by taked2

ページの終端です。ページの先頭に戻る