ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

ログイン

サイト内検索

翻訳

お問い合わせ

サイト内の現在位置です:

TOP  >  Wiki  >  複雑学系的戦争論

複雑学系的戦争論 anchor.png

『複雑学系的戦争論』(ふくざつがくけいてきせんそうろん)とは複雑学系における戦争の考え方である。

Page Top

戦争の定義 anchor.png

  • 複雑学系における戦争の定義とは「他者を自分の意に沿わせる方法およびその運用」である。*1
  • 何も闘争することが戦争なのではない。望ましいのは闘わずして勝つことであり、次は闘って勝つこと、その次は負けることである。相手に闘っていること自体を悟られないで勝つのが最上である。
Page Top

情報戦 anchor.png

  • 戦争においては情報が全てである。「情報を制する者が全てを制す」といっていい。そのため情報戦が最も重要な位置を占める。
  • 複雑学系の情報戦の原則は「物量は全てを凌駕する」である。個人にしろ組織にしろ、人には情報処理許容量というものがある。情報戦を制すには、常に相手の情報処理許容量をオーバーフローさせるように入力を操作すべきである。
Page Top

心理戦 anchor.png

  • 戦争を行うのは人間同士である。戦意のない人間に勝つことはたやすい。逆にいえば相手の戦意をくじくまでは戦争は続く。完全なる勝利とは相手の戦意を完全に喪失させることである。
  • 心理戦で最も有効な方法は、「相手が『全て自分の判断で行っている』と錯覚させること」にある。そのためには作為はもちろん、偶発的に起こった無作為の事象をも積極的に活用すべきである。
  • 戦争で最も有効な戦術は「裏切らせること」である。
Page Top

戦争に勝つための計算式 anchor.png

  • 戦争とはつまるところ、人数×質×速度である。
  • 策源地を秘す
  • 攻撃三倍の法則
この項目は書きかけです。

*1 複雑学系においては戦争とマインドコントロールは密接な関係がある。複雑学系的マインドコントロール論を参照のこと。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 3290, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2016-04-02 (Sat) 17:39:55 (JST) (2004d) by taked2

ページの終端です。ページの先頭に戻る