ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

ログイン

サイト内検索

翻訳

お問い合わせ

サイト内の現在位置です:

TOP  >  Wiki  >  複雑学系的経済論

複雑学系的経済論 anchor.png

『複雑学系的経済論』(ふくざつがくけいてきけいざいろん)とは、複雑学系における経済の考え方である。

Page Top

経済の定義 anchor.png

  • 複雑学系における経済の定義とは「商売でっせ」である。
Page Top

基本理論 anchor.png

  • 基本理論はきわめて簡単である。モノが売れるときは「確率」というものが存在する。右と左に置いてある同じパンは、右の方がよく売れるし、牛乳のパックは奥の方から売れていく。こんなことはコンビニの店員をしていれば3日で誰でも知っている。
  • つまり、モノを売りたいのであれば、売れる確率を上げてやればいい。まあ、確率だから時にはとんでもないモノがヒットすることもあるが、普通は高確率の商品が売れる。
  • 企業はそのためによいものを作ればいい。それだけである。


Front page   Unfreeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2200, today: 1, yesterday: 2
Last-modified: 2009-06-07 (Sun) 14:06:59 (JST) (4495d) by taked2

ページの終端です。ページの先頭に戻る