ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

ログイン

サイト内検索

翻訳

お問い合わせ

サイト内の現在位置です:

TOP  >  Wiki  >  複雑学系的金融論

複雑学系的金融論 anchor.png

複雑学系的金融論(ふくざつがくけいてききんゆうろん)とは、複雑学系における金融の考え方である。

Page Top

金融なんていらない anchor.png

今、世界の基軸通貨であるドルは、変動相場制である。金本位制でもなく、銀本位制でもない。つまり単なる数字列でしかない。それなのにその数字が上下するたび一喜一憂するなんて間違っておる。

Page Top

金融危機の打開方法 anchor.png

  • 利子を取ることを全面的に禁止する。お金を本来の機能である兌換に限定する。
  • 銀行は手数料で収入を得る。それで十分だろ?利子まで得ようなんて厚かましすぎる。
  • 利子禁止だから、当然原理的に国債発行はできなくなる。
  • ついでに言えばサラ金の類いは全部潰れる。オイルマネーも紙クズになり、戦争資金への転用ができなくなる。
  • 株式も投機的作用が抑制され、純粋に投資目的となる。為替も安定する。


Front page   Unfreeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2244, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2009-07-02 (Thu) 17:39:39 (JST) (4470d) by taked2

ページの終端です。ページの先頭に戻る