ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

ログイン

サイト内検索

翻訳

お問い合わせ

サイト内の現在位置です:

TOP  >  Wiki  >  複雑学系的欲望論

複雑学系的欲望論 anchor.png

複雑学系的欲望論(ふくざつがくけいてきよくぼうろん)とは、複雑学系における「欲望」の考え方である。

Page Top

欲とはオプションである anchor.png

  • HumanRFC「RFC5 欲プロコトル(オプション)」とあるように、欲望はオプション、つまり、どんな欲望をどれだけ持つかは、個人の自由意思、つまり趣味の問題である。
  • 一般に、欲望が少ない方が、この世は過ごしやすい。
Page Top

欲に対する考え方 anchor.png

欲に対する考え方には、大きく分けて2つある。

性善説

  • 欲を持つことを最少にしようという考え方。最終的には欲を全く持たない状態が理想とされる。
  • 変わり者が多い。

性悪説

  • 欲を持つことは仕方ないとあきらめる、または積極的に欲を増やそうとする考え方。
  • 普通の人間は、ほとんどそう。
この項目は書きかけです。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2092, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: 2009-09-22 (Tue) 00:40:52 (JST) (3848d) by taked2

ページの終端です。ページの先頭に戻る