ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

ログイン

サイト内検索

翻訳

お問い合わせ

サイト内の現在位置です:

TOP  >  Wiki  >  複雑学系的運命論
Page Top

運命の定義 anchor.png

  • 複雑学系でいう運命の定義とは、「宇宙に所属する主体*1のたどる宿命」である。
  • 主体同士のめぐりあわせを「縁」という。
Page Top

量子宇宙とは anchor.png

  • 自然界というものは、唯一存在しているのみである。
  • しかし、主体ごとに宇宙というものは存在する。複雑学系でいう宇宙とは「因果律的可能性の科学で言う宇宙の総体」である。
  • つまり現世というのは「自然界上に、主体同士の所属する宇宙が重なり合っている状態」である。これは量子理論でいうところの並行宇宙論的量子宇宙観である。
Page Top

縁が発生する理由 anchor.png

  • 現世は量子宇宙であるが、宇宙ごとの因果律の含まれる割合というのは異なる。「因果律がほとんど存在する宇宙」では、物事が確率的ではなく、ほとんど必然的に発生する。これが「縁」(仏教でいうところの「縁起」)であり、縁が発生する必然的理由である。
  • しかし「因果律がほとんど存在する宇宙」は「因果律がほぼ存在する宇宙」よりは必然的進行の速度は遅い(縁起の発生回数が少ない)。もし仮に量子宇宙に「因果律がほとんど確実に存在する宇宙に所属する主体」が存在するとするなら、他の主体より必然的進行の速度が速いため、量子宇宙はその主体の進行が最優先となる。
  • 物事が確率的に発生する事象を「ゆらぎ」という。量子宇宙が時に必然的、時に偶然的に振る舞うように見えるのは、このゆらぎが存在しているからである。
  • 「因果律が完全に存在する宇宙に所属する主体」は量子宇宙に存在しない。なぜなら、もう既に量子宇宙にはゆらぎが存在しているので、因果律的にそのような主体は存在しえないからである。であるから、自然界には一般の宗教でいうところの絶対神(GOD)は存在しえない。
    この項目は書きかけです。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2886, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: 2019-09-13 (Fri) 00:55:10 (JST) (62d) by taked2

ページの終端です。ページの先頭に戻る