ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

ログイン

サイト内検索

翻訳

お問い合わせ

サイト内の現在位置です:

TOP  >  Wiki  >  複雑学系的宇宙論

複雑学系的宇宙論 anchor.png

複雑学系的宇宙論』(ふくざつがくけいてきうちゅうろん)とは、複雑学系における宇宙の考え方である。

Page Top

宇宙の定義 anchor.png

  • 複雑学系における宇宙の定義とは「すべてが存在する可能性の集合のうち、科学でいう宇宙が存在する可能性の部分集合」である。
Page Top

宇宙の総数 anchor.png

  • 現実に馬券を1人の人間に確実に100回連続で的中させることはできる。*1簡単にいうと「宇宙のうち、ある事象が存在する可能性の部分集合」が存在すれば、その部分集合内ではある事象は必ず存在する。
  • 科学の範疇の言葉で説明すると、「ある事象が起こる可能性1つにつき『(素粒子の個数)^(宇宙開闢から終焉まで時間)』の個数分の科学でいう宇宙」が存在すればよい。
Page Top

今、我々が存在する宇宙の正体 anchor.png

  • 今、我々が存在する宇宙は「因果律がほとんど存在する宇宙」である。つまり物事が確率的ではなく、ほとんど必然的に発生する。「ほとんど」だから例外的に物事が確率的に発生する。*2
  • ビックバン宇宙観が正しいと仮定すると、ビックバンとはこの例外的に発生した出来事である。「因果律が完全に存在する宇宙」では、ビックバンの起こりようがない。
注)この項目は書きかけです。

*1 複雑学系的ギャンブル論「馬券を1人の人間に確実に100回連続で的中させることができるか?」を参照
*2  だから「因果律が存在しない宇宙」に住む我々は、今頃大変だろう


Front page   Unfreeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2515, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2008-08-28 (Thu) 08:15:51 (JST) (4778d) by taked2

ページの終端です。ページの先頭に戻る